グリッド ネットワークのサブネットの更新

StorageGRID Webscaleは、グリッド ネットワーク(eth0)上のグリッド ノード間の通信に使用されるネットワーク サブネットのリストを管理します。リストには、StorageGRID Webscaleシステムの各サイトでグリッド ネットワークに使用されているサブネット、およびグリッド ネットワーク ゲートウェイ経由でアクセスされるNTP、DNS、LDAP、またはその他の外部サーバに使用されるサブネットがすべて含まれます。グリッド ノードまたは新しいサイトを追加した場合は、サブネットの更新、またはグリッド ネットワークへのサブネットの追加が必要になることがあります。

開始する前に

タスク概要

新しいサイトの追加を伴うシステムの拡張を実施する場合は、拡張手順を開始する前に新しいグリッド サブネットを追加する必要があります。

手順

  1. [Maintenance] > [Grid Networks]を選択します。


    この図には説明が付随しています。

  2. [Subnets]リストで、プラス記号をクリックして新しいサブネット(CIDR表記)を追加します。
    たとえば、「10.96.104.0/22」と入力します。
  3. プロビジョニング パスフレーズを入力し、[Save]をクリックします。
    指定したサブネットが、StorageGRID Webscaleシステムに対して自動的に設定されます。