前提要件

拡張処理を実施する前に、次の表に記載された情報やデータ、機器を揃えておく必要があります。

項目 注記

StorageGRID Webscaleインストール アーカイブ

新しいグリッド ノードや新しいデータセンター サイトを追加する場合は、StorageGRID Webscaleインストール アーカイブをダウンロードして展開する必要があります。グリッドで現在実行されているバージョンと同じバージョンを使用する必要があります。

手順については、StorageGRID Webscaleインストール ファイルのダウンロードと展開」を参照してください。

注:既存のストレージ ノードに新しいストレージ ボリュームを追加する場合やStorageGRID Webscaleアプライアンスを新規にインストールする場合は、ファイルをダウンロードする必要はありません。
サービス ラップトップ サービス ラップトップには、以下のものが必要です。
  • ネットワーク ポート
  • SSHクライアント(PuTTYなど)
  • サポートされるブラウザ
プロビジョニング パスフレーズ

このパスフレーズは、StorageGRID Webscaleシステムが最初にインストールされるときに作成されて文書化されます。プロビジョニング パスフレーズは、Passwords.txtファイルに含まれていません。

StorageGRID Webscaleのドキュメント
  • StorageGRID Webscaleの管理
  • StorageGRID Webscaleリリース ノート
  • 使用するプラットフォームに対応したインストール手順
使用しているプラットフォームの最新ドキュメント

サポートされるバージョンについては、Interoperability Matrixを参照してください。