拡張後のStorageGRID Webscaleシステムの設定

拡張が完了したら、統合と設定のための追加の手順を実行する必要があります。

タスク概要

拡張で追加するグリッド ノードに応じて、次の表の設定タスクを実行する必要があります。システムのインストールや管理の作業で選択したオプションのほか、拡張で追加したグリッド ノードの設定方法によっては、省略可能なタスクもあります。

手順

  1. 拡張で追加したグリッド ノードのタイプに応じて、次の設定タスクを実行します。
    グリッド ノードのタイプ 設定タスク
    ストレージ ノード
    1. 情報ライフサイクル管理(ILM)のストレージ プールの構成を確認する。

      拡張ストレージ ノードがアクティブなILMポリシーのルールで使用されるストレージ プールに含まれていることを確認する必要があります。そうしないと、新しいストレージがStorageGRID Webscaleシステムで使用されません。StorageGRID Webscaleの管理手順を参照してください。

    2. ストレージ ノードがオブジェクトを取り込んでいることを確認する。

      ストレージ ノードがアクティブであることを確認する手順を参照してください。

    管理ノード
    1. 管理ノード データベースをコピーする。

      必要に応じて、管理ノード データベースをプライマリ管理ノードから拡張管理ノードにコピーします。これは、各管理ノードで属性と監査の情報の整合性を維持する場合に行います。詳細については、「管理ノード データベースのコピー」を参照してください。

    2. 監査ログをコピーする。

      必要に応じて、既存の監査ログをプライマリ管理ノードから拡張管理ノードにコピーします。これは、各管理ノードでログの履歴情報の整合性を維持する場合に行います。「監査ログのコピー」を参照してください。

    3. 監査共有へのアクセスを設定する。
      必要に応じて、NFSまたはCIFSファイル共有を通じて、監査を目的としたシステムへのアクセスを設定できます。StorageGRID Webscaleの管理手順を参照してください。
      注:CIFS / Sambaを使用した監査エクスポートは、StorageGRID Webscale 11.1で廃止され、StorageGRID Webscaleの将来のリリースで削除される予定です。詳細については、StorageGRID Webscaleのアップグレードに関する情報を参照してください。
    4. Eメール通知の優先送信者を変更する。

      必要に応じて、拡張管理ノードが優先送信者になるように設定を更新することができます。設定を更新しない場合は、引き続き、優先送信者として設定された既存の管理ノードから通知やAutoSupportメッセージが送信されます。StorageGRID Webscaleの管理手順を参照してください。

    アーカイブ ノード
    1. アーカイブ ノードからターゲットの外部アーカイブ ストレージ システムへの接続を設定する。

      アーカイブ ノードは、拡張の完了後、[ARC] > [Target]コンポーネントで接続情報を設定するまでは、アラーム状態になります。

    2. ILMポリシーを更新する。

      新しいアーカイブ ノードを介してオブジェクト データをアーカイブするには、ILMポリシーを更新する必要があります。

    3. カスタム アラームを設定する。

      アーカイブ ノードからオブジェクト データを読み出す速度と効率を監視する属性についてのカスタム アラームを設定する必要があります。

    詳細については、StorageGRID Webscaleの管理手順を参照してください。

  2. ドメイン ネーム システム(DNS)を設定します。
    DNS設定をグリッド ノードごとに個別に指定していた場合は、新しいノード用のノード単位のカスタムDNS設定を追加する必要があります。リカバリおよびメンテナンスの手順で、単一グリッド ノードのDNS設定の変更に関する情報を参照してください。

    各サイトからローカルでアクセスできるDNSサーバをグリッド全体のDNSサーバ リストにいくつか含めることを推奨します。新しいサイトを追加した場合は、そのサイト用の新しいDNSサーバをグリッド全体のDNS設定に追加します。

    注意:DNSサーバ用に2~6個のIPアドレスを指定します。ネットワーク分離が発生した場合に各サイトがローカルにアクセスできるDNSサーバを選択する必要があります。これにより、分離されたサイトは引き続きDNSサービスにアクセスできます。グリッド全体のDNSサーバ リストを設定したあとに、ノードごとにDNSサーバ リストをカスタマイズできます。詳細については、リカバリおよびメンテナンスの手順にあるDNS設定の変更に関する情報を参照してください。
  3. 必要に応じて、外部のネットワーク タイム プロトコル(NTP)ソースのリストを更新します。

    一部の拡張では、時刻の同期のためにNTP設定の更新が必要になります。次に例を示します。

    • 新しいサイトを追加した場合は、そのサイトにアクセスできる新しいNTPソースの追加が必要になることがあります。
    • NTP設定をグリッド ノードごとに個別に設定するように選択した場合は、NTP設定を手動で更新する必要があります。
    NTPソースのリストを更新する必要がある場合は、拡張の最後に実行します。
    注意:各サイトの少なくとも2つのノードが、少なくとも4つの外部NTPソースにアクセスできることを確認します。NTPソースにアクセスできるノードがサイトに1つしかないと、そのノードがダウンした場合にタイミングの問題が生じます。また、各サイトで2つのノードをプライマリNTPソースとして指定することにより、サイトがグリッドの他の部分から分離されても、正確なタイミングが保証されます。

    詳細については、リカバリおよびメンテナンスの手順を参照してください。