テクニカル サポートへのお問い合わせ

グリッド拡張プロセスで解決できないエラーが発生した場合やグリッド タスクに失敗する場合は、テクニカル サポートにお問い合わせください。

タスク概要

テクニカル サポートにお問い合わせいただく際は、発生したエラーのトラブルシューティングに必要なログ ファイルをお送りください。

手順

  1. 障害が発生した拡張ノードに接続します。
    1. 次のコマンドを入力します。ssh -p 8022 admin@grid_node_IP
      注:ポート8022はベースOSのSSHポートで、ポート22はStorageGRIDを実行しているDockerコンテナのSSHポートです。
    2. Passwords.txtファイルに含まれているパスワードを入力します。
    3. 次のコマンドを入力してrootに切り替えます:su -
    4. Passwords.txtファイルに含まれているパスワードを入力します。
    rootとしてログインすると、プロンプトが$から#に変わります。
  2. インストールの段階に応じて、グリッド ノードから次のいずれかのログを取得します。
    プラットフォーム ログ
    VMware
    • /var/log/daemon.log
    • /var/log/storagegrid/daemon.log
    • /var/log/storagegrid/nodes/<node-name>.log
    Linux
    • /var/log/storagegrid/daemon.log
    • /etc/storagegrid/nodes/<node-name>.conf (障害が発生した各ノード)
    • /var/log/storagegrid/nodes/<node-name>.log (障害が発生した各ノード、ない場合もある)