プラットフォーム サービス用のネットワークとポート

S3テナントにプラットフォーム サービスの使用を許可する場合は、プラットフォーム サービスのメッセージがデスティネーションに配信されるようにグリッドのネットワークを設定する必要があります。

テナント アカウントを作成または更新する際に、S3テナント アカウントのプラットフォーム サービスを有効にできます。プラットフォーム サービスが有効になっている場合、テナントは、そのS3バケットからのCloudMirrorレプリケーション、イベント通知、または検索統合のメッセージのデスティネーションとして機能するエンドポイントを作成できます。これらのプラットフォーム サービス メッセージは、ADCサービスを実行しているストレージ ノードからデスティネーション エンドポイントに送信されます。

たとえば、テナントは以下のタイプのデスティネーション エンドポイントを設定できます。
  • ローカルでホストされるElasticsearchクラスタ
  • Simple Notification Service(SNS)メッセージの受信をサポートするローカル アプリケーション
  • StorageGRID Webscaleの同じインスタンス上または別のインスタンス上の、ローカルにホストされるS3バケット
  • Amazon Web Services上のエンドポイントなどの外部エンドポイント

プラットフォーム サービス メッセージが確実に配信されるように、ADCストレージ ノードが含まれるネットワークを設定する必要があります。デスティネーション エンドポイントへのプラットフォーム サービス メッセージの送信に、以下のポートを使用できるようにする必要があります。

デフォルトでは、プラットフォーム サービス メッセージは次のポートで送信されます。

  • 80:エンドポイントのURIがhttpで始まる場合
  • 443:エンドポイントのURIがhttpsで始まる場合

エンドポイントの作成や編集を行う際に、テナントで別のポートを指定できます。

注:StorageGRID Webscale環境がCloudMirrorレプリケーションのデスティネーションとして使用される場合は、レプリケーション メッセージがポート8082のAPIゲートウェイ ノードに送信されます。このポートがエンタープライズ ネットワーク経由でアクセス可能であることを確認してください。

非透過型プロキシ サーバを使用する場合は、プラットフォーム サービスの設定で、インターネット上のエンドポイントなどの外部エンドポイントへのメッセージの送信を許可する必要もあります。