/etc/network/interfacesのサンプル

/etc/network/interfacesファイルは3つのセクションに分かれており、それぞれに物理インターフェイス、ボンド インターフェイス、VLANインターフェイスが定義されます。以下の3つのセクション サンプルを1つのファイルに統合すれば、4つのLinux物理インターフェイスを1つのLACPボンドにまとめ、そのボンドをStorageGRID Webscaleのグリッド ネットワーク、管理ネットワーク、およびクライアント ネットワークのインターフェイスとして使用するための3つのVLANインターフェイスを確立できます。

物理インターフェイス

リンクの反対側のスイッチでも、4つのポートを1つのLACPトランクまたはポート チャネルとして扱い、少なくともタグで参照された3つのVLANを通過させるように設定する必要があります。

# loopback interface
auto lo
iface lo inet loopback

# ens160 interface
auto ens160
iface ens160 inet manual
    bond-master bond0
    bond-primary en160

# ens192 interface
auto ens192
iface ens192 inet manual
    bond-master bond0

# ens224 interface
auto ens224
iface ens224 inet manual
    bond-master bond0

# ens256 interface
auto ens256
iface ens256 inet manual
    bond-master bond0

ボンド インターフェイス

# bond0 interface
auto bond0
iface bond0 inet manual
    bond-mode 4
    bond-miimon 100
    bond-slaves ens160 ens192 end224 ens256

VLANインターフェイス

# 1001 vlan
auto bond0.1001
iface bond0.1001 inet manual
vlan-raw-device bond0

# 1002 vlan
auto bond0.1002
iface bond0.1002 inet manual
vlan-raw-device bond0

# 1003 vlan
auto bond0.1003
iface bond0.1003 inet manual
vlan-raw-device bond0