ストレージとパフォーマンスの要件

初期設定と将来のストレージ拡張に対応するための十分なスペースを確保できるよう、仮想マシンでホストされているストレージ ノードのストレージ要件とパフォーマンス要件を把握しておく必要があります。

パフォーマンス要件

OSボリュームおよび最初のストレージ ボリュームのパフォーマンスは、システム全体のパフォーマンスに大きく影響します。これらのボリュームのディスク パフォーマンスが、レイテンシ、1秒あたりの入出力操作(IOPS)、スループットの点で適切であることを確認します。

StorageGRID Webscaleのすべてのノードで、OSドライブとすべてのストレージ ボリュームのライトバック キャッシュを有効にする必要があります。キャッシュは、保護されたメディアまたは永続的なメディアに配置する必要があります。

ストレージ ノードのストレージ要件

1個のストレージ ノードには1~16個のストレージ ボリュームを設定できます。ただし、3個以上のストレージ ボリュームが推奨されます。各ストレージ ボリュームのサイズは4TB以上にします。

ボリューム0に少なくとも3TBは割り当てる必要があることに注意してください。これは、StorageGRID Webscaleが各ストレージ ノードの最初のストレージ ボリューム(ボリューム0)に3TBの領域を確保するためです。Metadata Reserved Space(CAWM)は、オブジェクト メタデータや、コンパクションや修復などの重要なデータベース処理に必要です。

追加の領域をボリューム0に割り当てると、その領域はオブジェクト ストレージ用として使用されます。ボリューム0に4TB以上を割り当てることが推奨されます。

注:ストレージ ノードでストレージ ボリュームを1個しか使用していない場合に、そのボリュームに3TB以下を割り当てると、ストレージ ノードが起動時にただちにストレージ読み取り専用状態になり、オブジェクト メタデータのみを格納します。
注:ボリューム0への割り当てが500GB未満の場合(非本番環境での使用のみ)は、ストレージ ボリュームの容量の10%がメタデータ用に確保されます。