StorageGRID Webscaleアプライアンス ストレージ ノードのリカバリ

障害が発生したStorageGRID Webscaleアプライアンス ストレージ ノードのリカバリ手順は、システム ドライブの損失からリカバリする場合も、ストレージ ボリュームのみの損失からリカバリする場合も同じです。アプライアンスを準備してソフトウェアを再インストールし、ノードがグリッドに再参加するように設定し、ストレージを再フォーマットし、最後にオブジェクト データをリストアする必要があります。

タスク概要

コントローラの交換手順などのハードウェアのメンテナンス手順については、使用しているアプライアンスのインストールおよびメンテナンス手順を参照してください。
StorageGRIDアプライアンスのリカバリの概要フローチャート

StorageGRID Webscaleアプライアンスは、StorageGRID Webscaleシステムで1つのストレージ ノードとして表されます。

ストレージ ノードのリカバリに関する注意

注意:
複数のストレージ ノードがオフラインの場合、または複数のストレージ ノードで障害が発生している場合は、この手順を実行しないでください。データが失われることがあります。テクニカル サポートに連絡してください。
注意:
15日以内に複数のストレージ ノードでCassandraを再構築しないでください。15日以内に複数のストレージ ノードでCassandraを再構築すると、データが失われることがあります。テクニカル サポートに連絡してください。
注意:レプリケートされたコピーを1つだけ保存するようにILMルールを設定している場合に、そのコピーがあるストレージ ノードで障害が発生すると、オブジェクトをリカバリできません。
注:リカバリ中にDDSアラームが発生した場合は、トラブルシューティングの手順を参照して、Cassandraを再構築してアラームからリカバリしてください。Cassandraを再構築すると、アラームは解除されます。アラームが解除されない場合は、テクニカル サポートにお問い合わせください。