VMware vSphereでのリカバリ用グリッド ノードの導入

グリッド ノードのリカバリを開始するには、VMware vSphere Web Clientを使用して新しい仮想マシンを導入します。

開始する前に

VMwareインストール アーカイブをダウンロードして、次のファイルを展開しておく必要があります。
ファイル名 説明

vsphere-non-primary-admin.ovf

vsphere-non-primary-admin.mf

非プライマリ管理ノードを導入するためのテンプレート ファイルとマニフェスト ファイル

vsphere-archive.ovf

vsphere-archive.mf

アーカイブ ノードを導入するためのテンプレート ファイルとマニフェスト ファイル

vsphere-gateway.ovf

vsphere-gateway.mf

APIゲートウェイ ノードを導入するためのテンプレート ファイルとマニフェスト ファイル

vsphere-storage.ovf

vsphere-storage.mf

ストレージ ノードを導入するためのテンプレート ファイルとマニフェスト ファイル

これらのファイルはすべて同じディレクトリに配置してください。

注意:
グリッドで現在実行されているバージョンのStorageGRID Webscaleを使用して、新しい仮想マシンを導入する必要があります。

手順

  1. VMware vSphere Web Clientを開いてサインインします。
  2. StorageGRID Webscaleグリッドを導入するvAppまたはリソース プールに移動し、[Actions] > [All vCenter Actions] > [Deploy OVF Template]を選択します。
  3. vsphere-node.ovfファイルとNetApp-SG-version-SHA.vmdkファイルを選択します。
  4. 仮想マシンの名前を指定します(通常はグリッド ノードの名前)。
    仮想マシンの名前は、最初の仮想マシン導入時に指定して、あとから変更しないことを推奨します。
  5. [Network Mapping]ページで、各ネットワークにネットワーク ポートを関連付けることで、使用するネットワークを選択します。グリッド ネットワークは必須です。管理ネットワークとクライアント ネットワークはオプションです。使用するグリッド ネットワークを選択し、次の作業を適宜実行します。
    • 管理ネットワークを使用する場合は、管理ネットワーク アダプタをvSphere環境のネットワークに割り当てます。
    • クライアント ネットワークを使用する場合は、クライアント ネットワーク アダプタをvSphere環境のネットワークに割り当てます。
    • 管理ネットワークもクライアント ネットワークも使用しない場合は、それぞれのネットワーク アダプタをグリッド ネットワークと同じネットワークに割り当てます。
  6. [Properties]ページで、必要なStorageGRID Webscaleの情報を指定し、[Finish]をクリックします。
    1. [Node Name]にノード名を入力します。
    2. [Primary Admin IP]にプライマリ管理ノードのIPアドレスを入力します。
      プライマリ管理ノードのIPアドレスを省略しても、プライマリ管理ノードまたはADMIN_IPが設定された少なくとも1つのグリッド ノードが同じサブネットにあれば、IPアドレスは自動的に検出されます。ただし、ここでプライマリ管理ノードのIPアドレスを設定しておくことを推奨します。
    3. [Grid Network (eth0)]セクションで次の値を入力します。
      • Grid network IP
      • Grid network mask
      • Grid network gateway
    4. [Admin Network (eth1)]セクションの[Admin Network IP configuration]で、[STATIC]、[DHCP]、または[DISABLED]を選択します。
      • [STATIC]を選択した場合は、[Admin Network IP][Admin Network mask][Admin Network gateway]を入力します。
      • [DHCP]を選択した場合は、[Admin Network IP][Admin Network mask][Admin Network gateway]が自動的に割り当てられます。
      • 管理ネットワーク(eth1)を使用しない場合は、[DISABLED]を選択し、[Admin Network IP]に「0.0.0.0」と入力します。他のフィールドは空白のままでかまいません。
    5. [Admin Network (eth1)]セクションで、[Admin network external subnet list]に値を入力します。
    6. [Client Network (eth2)]セクションの[Client Network IP configuration]で、[STATIC]、[DHCP]、または[DISABLED]を選択します。
      • [STATIC]を選択した場合は、[Client Network IP][Client Network mask][Client Network gateway]を入力します。
      • [DHCP]を選択した場合は、[Client Network IP][Client Network mask][Client Network gateway]が自動的に割り当てられます。
      • クライアント ネットワーク(eth2)を使用しない場合は、[DISABLED]を選択し、[Client Network IP]に「0.0.0.0」と入力します。他のフィールドは空白のままでかまいません。
  7. [Next]をクリックし、[Finish]をクリックして仮想マシンのアップロードを開始します。
  8. フル ノード リカバリでない場合は、導入完了後に次の手順を実行します。
    1. 仮想マシンを右クリックし、[Edit Settings]タブを選択します。
    2. ストレージ用に指定されているデフォルトの仮想ハードディスクを個別に選択し、タブの上部にある[Remove]ボタンをクリックします。
    3. データ リカバリの状況に応じて、ストレージ要件に従って新しい仮想ディスクを追加するか、以前に削除した障害グリッド ノードから保存した仮想ハードディスクを再接続するか、またはその両方を実行します。
      通常、新しいディスクを追加する場合は、ノードのリカバリ前に使用していたものと同じタイプのストレージ デバイスを使用する必要があります。
      注意:提供されるストレージ ノードのOVFには、ストレージの複数のVMDKが定義されています。ノードの電源を入れる前に、これらのVMDKを削除し、ストレージに適切なVMDKまたはRDMを割り当てる必要があります。VMware環境で一般に使用され、管理も容易であるのはVMDKですが、大きなオブジェクト サイズ(たとえば100MB超)を使用するワークロードのパフォーマンスはRDMの方が高くなります。
  9. ノードで使用されるポートを再マッピングする場合は、次の手順を実行します。
    1. [Client Network IP]を[DISABLED]に設定した場合は、[Client Network (eth2)]セクションで [Client Network IP]に「0.0.0.0」を入力する必要があります。このフィールドへの入力は必須です。
    2. VMを右クリックし、[Edit Settings]を選択します。
    3. [vApp Options]を選択します。
    4. [Authoring]セクションで[Properties]を展開し、PORT_REMAP_INBOUNDとPORT_REMAPが表示されるまで下にスクロールします。
      ポートの再マッピングが必要となるのは、StorageGRID Webscaleで使用される1つ以上のポートへのアクセスがエンタープライズ ネットワーク ポリシーによって制限される場合です。StorageGRID Webscaleで使用されるポートのリストは、「内部でのグリッド ノードの通信」または「クライアントと外部との通信」で参照できます。
    5. ポートのインバウンド通信とアウトバウンド通信の両方を対称的にマッピングする場合は、[PORT_REMAP]を選択し、[Edit]をクリックします。
      ポート マッピングとして<network type>/<protocol>/<default port used by grid node>/<new port>を入力します。この場合、<network type>にはgrid、admin、clientのいずれかを指定し、<protocol>にはtcpまたはudpを指定します。
      sshトラフィックをポート22からポート3022に再マッピングするには、次のように入力します。
      client/tcp/22/3022

      [OK]をクリックします。

      注:PORT_REMAPのみを設定すると、指定したマッピングがインバウンド通信とアウトバウンド通信の両方に適用されます。PORT_REMAP_INBOUNDを併せて指定した場合は、PORT_REMAPがアウトバウンド通信のみに適用されます。
    6. ノードへのインバウンド通信に使用されるポートを指定するには、[PORT_REMAP_INBOUND]を選択し、[Edit]をクリックします。
      ポート マッピングとして<network type>/<protocol>/<remapped inbound port>/<default inbound port used by grid node>を入力します。この場合、<network type>にはgrid、admin、clientのいずれかを指定し、<protocol>にはtcpまたはudpを指定します。
      ポート3022に送信されるインバウンドのSSHトラフィックを再マッピングしてグリッド ノードがポート22で受信するようにするには、次のように入力します。
      client/tcp/3022/22

      [OK]をクリックします。

      注:PORT_REMAP_INBOUNDを指定してPORT_REMAPに値を指定しなかった場合は、ポートのアウトバウンド通信が変更されません。
  10. 仮想マシンの電源をオンにします。

終了後の操作

リカバリを完了するには、対処中の障害に関する手順に戻ります。
リカバリのタイプ 参照先
プライマリ管理ノード 交換用プライマリ管理ノードの設定
非プライマリ管理ノード [Start Recovery]の選択による非プライマリ管理ノードの設定
APIゲートウェイ ノード [Start Recovery]の選択によるAPIゲートウェイ ノードの設定
アーカイブ ノード [Start Recovery]の選択によるアーカイブ ノードの設定
ストレージ ノード(仮想) [Start Recovery]の選択によるストレージ ノードの設定