DoNotStartファイルの使用

テクニカル サポートの指示の下でメンテナンスや設定の手順を実行している場合は、Server Managerの起動時または再起動時にサービスが開始されないように、DoNotStartファイルを使用するよう求められることがあります。

注意:DoNotStartファイルは、テクニカル サポートから指示があった場合のみ追加または削除してください。

サービスが開始されないようにするには、そのサービスのディレクトリにDoNotStartファイルを配置します。Server Managerは起動時にDoNotStartファイルを検索し、 ファイルが存在する場合は該当するサービス(およびそれに依存するサービス)は開始されません。DoNotStartファイルを削除すると、停止されていたサービスは、Server Managerが次回起動または再起動したときに開始されます。DoNotStartファイルを削除しても、サービスは自動的には開始されません。

すべてのサービスを再開しないようにする最も効率的な方法は、NTPサービスを開始しないようにすることです。すべてのサービスはNTPサービスに依存しているため、NTPサービスが実行されていない場合は実行できません。