リカバリ手順

グリッド ノードで障害が発生した場合は、障害が発生した物理または仮想サーバを交換してStorageGRID Webscaleソフトウェアを再インストールし、リカバリ可能なすべてのデータに損傷がないことを確認することでリカバリできます。

グリッド ノードの障害は、ハードウェア、仮想化、オペレーティング システム、またはソフトウェアの障害によってそのノードが動作しなくなったり、信頼性が低下した場合に発生することがあります。グリッド ノードのリカバリが必要になる障害には、さまざまな種類があります。

グリッド ノードのリカバリ手順は、グリッド ノードがホストされているプラットフォームと、そのグリッド ノードのタイプによって異なります。グリッド ノードのタイプごとに、厳密に従う必要があるリカバリ手順があります。

通常は、障害グリッド ノードのデータをできるだけ保持し、障害ホストを修理または交換してから、StorageGRID Webscaleノードをホストにリストアします。グリッド ノード ソフトウェアの実行が開始されたら、ノードが処理を再開できるようノードのデータと接続をリストアします。

注:複数のグリッド ノードをホストしているサーバで障害が発生した場合、ノードは任意の順序でリカバリできます。ただし、障害が発生したサーバがプライマリ管理ノードをホストしている場合は、最初にそのノードをリカバリする必要があります。プライマリ管理ノードを最初にリカバリすると、プライマリ管理ノードへの接続を待機するために他のノードのリカバリが停止するのを防ぐことができます。