DNSサーバの設定

IPアドレスではなく完全修飾ドメイン名(FQDN)を使用できるよう、ドメイン ネーム システム(DNS)サーバを追加、削除、更新することができます。

開始する前に

タスク概要

DNSサーバ情報を指定すると、Eメール通知やAutoSupportに、IPアドレスではなく完全修飾ドメイン名(FQDN)ホスト名を使用できるようになります。DNSサーバは少なくとも2つ指定することを推奨します。
注意:DNSサーバのIPアドレスは2個から6個まで指定できます。ネットワーク分離が発生した場合に各サイトがローカルにアクセスできるDNSサーバを選択することを推奨します。これにより、分離されたサイトは引き続きDNSサービスにアクセスできます。グリッド全体のDNSサーバ リストを設定したあとに、ノードごとにDNSサーバ リストをカスタマイズできます。詳細については、「単一ノードでのDNS設定の変更」を参照してください。

DNSサーバ情報を省略したり誤って設定したりすると、各グリッド ノードのSSMサービスでDNSTアラームがトリガーされます。このアラームは、DNSが正しく設定され、新しいサーバ情報がすべてのグリッド ノードに配信された時点で解除されます。

手順

  1. [Maintenance] > [DNS Servers]を選択します。
  2. [Servers]セクションで、必要に応じてDNSサーバ エントリの追加、更新、または削除を行います。
    サイトごとに少なくとも2つのDNSサーバを指定することを推奨します。DNSサーバは最大6つまで指定できます。
  3. [Save]をクリックします。