永続的に使用不能なオブジェクト

アーカイブ ノードがTivoli Storage Manager(TSM)サーバにオブジェクトを要求し、その読み出しが失敗すると、10秒後にアーカイブ ノードが要求を再試行します。オブジェクトが永続的に使用不能な場合(テープ上でオブジェクトが破損しているなどの原因で)、TSM APIはその状況をアーカイブ ノードに通知できないため、アーカイブ ノードは要求を再試行し続けます。

この状況が発生すると、アラームがトリガーされ、値が増え続けます。アラームを確認するには、[Support] > [Grid Topology] > [Archive Node] > [ARC] > [Retrieve] > [Request Failures]に移動します。

オブジェクトが一時的に使用不能であると、読み出しが失敗する場合があります。この場合は、最終的に後続の読み出し要求が成功します。

オブジェクトが永続的に使用不能である場合は、「オブジェクトが使用不能かどうかの確認」の手順を実行してオブジェクトを特定してから、アーカイブ ノードの要求を手動でキャンセルする必要があります。

StorageGRID Webscaleシステムで使用されるILMルールにアクティブなコンテンツ配置手順が1つしかない場合は、オブジェクトのコピーが作成されません。

オブジェクトが失われた場合はリカバリできませんが、その場合もオブジェクトが永続的に使用不能かどうかを確認して、StorageGRID Webscaleシステムを「クリーンアップ」し、アーカイブ ノードの要求をキャンセルして、失われたオブジェクトのメタデータをパージする必要があります。