グリッド ノードの起動

グリッド ノードを完全にシャットダウンしたあとに起動する際は、次の手順を実行してください。

開始する前に

注意:
グリッド全体が15日間以上シャットダウンされていた場合は、グリッド ノードを起動する前にテクニカル サポートに連絡してください。Cassandraデータを再構築するリカバリ手順は実行しないでください。データが失われることがあります。

タスク概要

可能であれば、次の順序でグリッド ノードの電源をオンにしてください。
  • 最初に管理ノードの電源をオンにします。
  • 最後にAPIゲートウェイ ノードの電源をオンにします。
注:1つのホストに複数のグリッド ノードが含まれている場合は、ホストの電源をオンにすると各ノードが自動的にオンライン状態に戻ります。

手順

  1. プライマリ管理ノードと非プライマリ管理ノードのホストの電源をオンにします。
    注:ストレージ ノードの再起動が完了するまで、管理ノードにはログインできません。
  2. すべてのアーカイブ ノードとストレージ ノードのホストの電源をオンにします。
    これらのノードは、どの順序で電源をオンにしても構いません。
  3. すべてのAPIゲートウェイ ノードのホストの電源をオンにします。
  4. Grid Managerにサインインします。
  5. [Nodes]をクリックし、グリッド ノードのステータスを監視します。すべてのノードのステータスが「緑」に戻っていることを確認します。


    すべてのノードのステータスが緑になっている[Nodes]ページ