リカバリ手順の選択

障害が発生したノードのタイプに合った、正しいリカバリ手順を選択する必要があります。ストレージ ノードの場合、手順は障害のタイプと継続時間によって異なります。管理ノードの場合は、リカバリされるのがプライマリ管理ノードか非プライマリ管理ノードかによって異なります。

タスク概要

複数のグリッド ノードをホストしているサーバで障害が発生した場合、ノードは任意の順序でリカバリできます。ただし、障害が発生したサーバがプライマリ管理ノードをホストしている場合は、最初にそのノードをリカバリする必要があります。プライマリ管理ノードを最初にリカバリすると、プライマリ管理ノードへの接続を待機するために他のノードのリカバリが停止するのを防ぐことができます。
グリッド ノード リカバリ手順
ストレージ ノード ストレージ ノードの障害からのリカバリに移動します。次に、ストレージ ノードの障害に合ったリカバリ手順を選択します。
管理ノード 管理ノードの障害からのリカバリに移動します。次に、プライマリまたは非プライマリ管理ノードに応じたリカバリ手順を選択します。
APIゲートウェイ ノード APIゲートウェイ ノードの障害からのリカバリに移動します。
アーカイブ ノード アーカイブ ノードの障害からのリカバリに移動します。