運用停止に必要な項目の収集

運用停止の手順を開始する前に、次の項目や情報を準備しておく必要があります。

項目 メモ
サービス ラップトップ サービス ラップトップは以下を搭載している必要があります。
  • ネットワーク ポート
  • サポートされるブラウザ
  • SSHクライアント(PuTTYなど)
リカバリ パッケージ.zipファイル 最新のリカバリ パッケージ.zipファイル(sgws-recovery-package-id-revision.zip)をダウンロードする必要があります。リカバリ パッケージ ファイルは、障害発生時のシステムのリカバリに使用できます。
Passwords.txt ファイル このファイルには、コマンド ラインでグリッド ノードにアクセスするために必要なパスワードが記載されています。ファイルはリカバリ パッケージに含まれています。
プロビジョニング パスフレーズ このパスフレーズは、StorageGRID Webscaleシステムが最初にインストールされるときに作成されて文書化されます。プロビジョニング パスフレーズは、Passwords.txtファイルに含まれていません。
運用停止前のStorageGRID Webscaleシステムのトポロジに関する情報 システムの現在のトポロジを記載したドキュメントがあれば、すべて取得します。
運用停止後のStorageGRID Webscaleトポロジに関する情報 グリッド ノードの運用を停止したら、システムの新しいトポロジに関する情報の更新版を作成します。