ADCクォーラムの概要

運用停止後に残るAdministrative Domain Controller(ADC)サービスが少なすぎる場合は、データセンター サイトの一部のストレージ ノードの運用を停止できないことがあります。一部のストレージ ノードで使用されるこのサービスは、グリッド トポロジ情報を保持し、設定サービスをグリッドに提供します。StorageGRID Webscaleシステムでは、各サイトでADCサービスのクォーラムが常に利用可能である必要があります。

ストレージ ノードを削除することでADCクォーラムが満たされなくなる場合は、そのノードの運用を停止することはできません。運用停止時にADCクォーラムを満たすには、各データセンター サイトで、最低3つのストレージ ノードにADCサービスが必要です。ADCサービスがあるストレージ ノードが1つのデータセンター サイトに4つ以上ある場合は、運用停止後も過半数のノードが利用可能な状態のままである必要があります((0.5xStorage Nodes with ADC)+1)。

たとえば、ADCサービスがあるストレージ ノードが1つのデータセンター サイトに6つあり、そのうちの3つの運用を停止するとします。このような場合は、ADCクォーラムの要件に即して、以下の2回の運用停止手順を実行する必要があります。

ストレージ ノードの運用を停止する必要があるものの、ADCクォーラムの要件が原因で運用停止できない場合は、拡張の際に新しいストレージ ノードを追加し、そのノードにADCサービスを配置するよう指定する必要があります。これにより、既存のストレージ ノードの運用を停止できます。