[Tenants]メニュー

[Tenants]オプションでは、グリッド管理者がストレージ テナント アカウントを作成できます。


[Tenants]メニュー項目とページ

テナント アカウントでは、それぞれS3クライアント プロトコルまたはSwiftクライアント プロトコルのどちらかを使用します。StorageGRID Webscaleシステムにオブジェクトを格納するために使用されるクライアント プロトコル(SwiftまたはS3)ごとに、テナント アカウントを少なくとも1つ作成する必要があります。Swiftクライアント プロトコルとS3クライアント プロトコルを両方とも使用してオブジェクトを格納および読み出す場合は、少なくとも2つのテナント アカウント(Swiftのコンテナとオブジェクト用に1つ、S3のバケットとオブジェクト用に1つ)を作成する必要があります。

システムに格納されているオブジェクトをエンティティ別に分離する場合は、追加のテナント アカウントを作成できます。各テナント アカウントには、フェデレーテッド / ローカル グループとユーザ、および独自のコンテナ(S3の場合はバケット)とオブジェクトがあります。
注:テナント アカウントはグリッド管理者ユーザが作成しますが、グリッド管理者ユーザはS3またはSwiftプロトコルを使用しません。

詳細については、StorageGRID Webscaleの管理とテナント アカウントの使用に関する情報を参照してください。