システム構成のオプションの設定

StorageGRID Webscaleシステムには、システムの動作に関するいくつかのオプションがあります。

次の表に、StorageGRID Webscaleシステムで導入できる主なオプションを示します。

方法 説明
圧縮 オブジェクト データを圧縮します。まだ圧縮されていなければ、オブジェクト データのサイズが約50%に縮小されます。
削除の防止 クライアントによるStorageGRID Webscaleシステムからのオブジェクトの削除を防止します。
暗号化

取り込まれたオブジェクト データの格納時の暗号化を有効にします。取り込み時にコンテンツが暗号化され、暗号化された形式でオブジェクト データが格納されます。サーバのオブジェクト ストアが侵害された場合に、判読可能な形式でオブジェクト データが読み出されることを防止できます。

暗号化を有効にした場合、あとで無効にすることはできません。

HTTP

S3およびSwiftクライアントとStorageGRID Webscaleとの間で、HTTPS通信に加えて、HTTP通信の使用を有効にします。たとえば、新しいS3アプリケーションをテストするときにHTTPを使用できます。

オプションの詳細については、StorageGRID Webscaleの管理に関する情報を参照してください。