ネットワーク トポロジの例

サポートされるグリッド ネットワーク、管理ネットワーク、およびクライアント ネットワークのインターフェイスを組み合わせて、単一サイトまたは複数サイトのいずれの環境においてもネットワーク トポロジを柔軟に設計することができます。

グリッド ネットワーク トポロジ

グリッド ネットワークを構成するときは、各グリッド ノードのeth0インターフェイスについて、ホストIPアドレス、サブネット マスク、およびゲートウェイIPアドレスを確立します。構成時にGrid Network Subnet List(GNSL)と呼ばれるサブネットのリストを作成します。このリストには、グリッド ネットワーク内のサブネットとグリッド ネットワークに接続する外部サブネットのリストが含まれます。インストール時に、グリッド ネットワークのインターフェイスにより、GNSLに含まれるすべてのサブネットに対する静的ルーティング テーブルが自動的に生成されます。グリッド ネットワークにゲートウェイがあり、クライアント ネットワークがない場合は、デフォルト ルートも追加されます。

グリッド ネットワークのみを設定すると、最もシンプルなネットワーク トポロジが作成されます。このトポロジは、外部からは使用しない単一サイト環境に適しているほか、コンセプトの実証やテスト用の環境に利用できます。
グリッド ネットワークのみの環境を示す図

管理ネットワーク トポロジ

管理ネットワークを構成するときは、各グリッド ノードのeth1インターフェイスについて、ホストIPアドレス、サブネット マスク、およびゲートウェイIPアドレスを確立します。構成時にAdmin External Subnet List(A-ESL)と呼ばれるサブネットのリストを作成します。このリストには、外部ホストが管理ネットワーク経由でグリッド ノードと通信する際に使用するサブネットが含まれます。管理ネットワークのインストール時に、A-ESLに含まれるすべてのサブネットに対する静的ルートが自動的に生成されます。

管理ネットワークを使用すると、たとえば、ルーティング可能なグリッド ネットワークとノードごとに境界を設定した管理ネットワークからなるトポロジを構成できます。
管理ネットワークとグリッド ネットワークを含むネットワーク トポロジを示す図

クライアント ネットワーク トポロジ

クライアント ネットワークを構成するときは、クライアント ネットワークに接続する各グリッド ノードのeth2インターフェイスについて、ホストIPアドレス、サブネット マスク、およびゲートウェイIPアドレスを確立します。ノードでクライアント ネットワークが構成されている場合、そのノードのデフォルト ルートはStorageGRID Webscaleのインストール時に変更されます。具体的には、グリッド ネットワークのゲートウェイを使用する代わりに、クライアント ネットワークのゲートウェイを使用するようにデフォルト ルートが変更されます。

プライベート(非ルーティング)のグリッド ネットワークと他のすべての接続用のオープンなクライアント ネットワークからなるネットワーク トポロジを構成できます。
クライアント ネットワークとグリッド ネットワークを含むネットワーク トポロジを示す図

3つのネットワークをすべて組み合わせると、プライベート(非ルーティング)のグリッド ネットワーク、サイトごとに境界を設定した管理ネットワーク、およびオープンなクライアント ネットワークからなるネットワーク トポロジを構成できます。オプションで、サードパーティのロード バランサを使用するなど、ロード バランシングやクライアント トラフィックの分離も実装できます。
説明が付随しているネットワーク トポロジを示す図