コンテンツの保護:イレイジャー コーディング

取り込みの完了後、オブジェクト データのイレイジャー コーディング コピーを作成するようにILMルールで規定されている場合は、オブジェクト データが該当するイレイジャー コーディング スキームに基づいてデータとパリティのフラグメントに分割され、設定されたストレージ プールのストレージ ノードにそれらのフラグメントが分散して格納されます。

データ フロー

LDRのコンポーネントであるILMエンジンは、イレイジャー コーディングを制御し、イレイジャー コーディング プロファイルを確実にオブジェクト データに適用します。


説明が付随しているプロセスを示す図

  1. ILMエンジンから、ADCサービスを照会することでイレイジャー コーディング処理の実行に最も適したDDSサービスが特定され、 そのサービスに「開始」要求が送信されます。
  2. DDSサービスからLDRに、オブジェクト データのイレイジャー コーディングを実行するように指示されます。
  3. ソースLDRサービスから、イレイジャー コーディングの対象として選択されたLDRサービスにコピーが送信されます。
  4. LDRサービスにより、オブジェクト データが適切な数のパリティとデータのフラグメントに分割され、それらのフラグメントがイレイジャー コーディング プロファイルのストレージ プールを構成するストレージ ノード(LDRサービス)に配信されます。
  5. LDRサービスからILMエンジンに、オブジェクト データの配信が完了したことが通知されます。
  6. LDRエンジンにより、DDSサービスのオブジェクトの場所を示すメタデータが更新されます。

イレイジャー コーディングに関連する属性

次の表に、オブジェクトのイレイジャー コーディングの追跡に使用される主な属性を示します。

コンポーネント 属性の変化
[Nodes] > [Storage Node] > [ILM] Evaluations:現在までに実行されたILM評価の総数が1つ増えます。
[Nodes] > [Storage]

Object Data:オブジェクト ストアに格納されたイレイジャー コーディング フラグメントのサイズは、オブジェクトのサイズとイレイジャー コーディングのオーバーヘッドを合わせたサイズに相当する分だけ増えます。