コンテンツの保護:レプリケーション

取り込みの完了後、オブジェクト データのレプリケート コピーを作成するようにILMルールのコンテンツ配置手順で規定されている場合は、設定されたストレージ プールを構成するストレージ ノードのLDRサービスを通じてコピーが作成されてディスクに格納されます。

データ フロー

レプリケーションの動作はLDRのILMエンジンで制御され、正しい数のコピーが正しい場所に正しい期間にわたって格納されます。


説明が付随しているプロセスを示す図

  1. ILMエンジンから、ADCサービスを照会することでILMポリシーで定義されたストレージ プール内の最適なデスティネーションLDRサービスが特定され、そのLDRサービスにレプリケーションを開始するコマンドが送信されます。
  2. デスティネーションLDRサービスから、ADCサービスを照会することで最適なソースの場所が特定され、そのソースLDRサービスにレプリケーション要求が送信されます。
  3. ソースLDRサービスからデスティネーションLDRサービスにコピーが送信されます。
  4. デスティネーションLDRサービスからCMSサービスに、オブジェクト データが格納されたことが通知されます。
  5. ILMエンジンにより、DDSサービスのオブジェクトの場所を示すメタデータが更新されます。

レプリケーションに関連する属性

次の表に、オブジェクトのレプリケーションの追跡に使用される主な属性を示します。

コンポーネント 属性の変化
[Nodes] > [Storage Node] > [ILM] Evaluations:現在までに実行されたILM評価の総数が1つ増えます。
[Nodes] > [Storage] Object Data:レプリケートされた追加のコピーを格納するために、オブジェクト ストアに格納されているレプリケートされたオブジェクト データの量が、オブジェクトのサイズに相当する分だけ増えます。