取り込みのデータ フロー

取り込み処理、つまり保存の処理は、クライアントとStorageGRID Webscaleシステム間の定義されたデータ フローで構成されます。システムは、属性を使用して、オブジェクトの取り込みと使用可能なストレージ容量を追跡します。

データ フロー

クライアントからStorageGRID Webscaleシステムにオブジェクトを保存すると、ストレージ ノードによって要求が処理され、メタデータとデータがディスクに格納されます。


取り込み

  1. クライアント アプリケーションでオブジェクトが作成され、HTTP PUT要求を使用してStorageGRID Webscaleシステムに送信されます。
  2. LDRサービスからディスクに、オブジェクト データがレプリケート コピーとして保存されます。
  3. LDRサービスからDDSサービスに、オブジェクト メタデータが送信されます。
  4. DDSサービスからディスクに、オブジェクト メタデータが保存されます。
  5. DDSサービスから他のDDSサービスに、メタデータ ストアを介してオブジェクト メタデータのコピーが伝播されます。これらのコピーはディスクにも保存されます。
  6. LDRサービスからクライアントに、オブジェクトが取り込まれたことを確認する「HTTP 200 OK」の応答が返されます。
  7. オブジェクトがシステムのILMポリシーに照らして評価されます。

取り込みに関連する属性

次の表に、StorageGRID Webscaleシステムへのオブジェクトの取り込みの追跡に使用される主な属性を示します。

コンポーネント 属性の変化
[Nodes] > [Storage] Object Data:オブジェクト ストアに格納されているレプリケートされたオブジェクト データの量が、新しく取り込まれたオブジェクトのサイズに相当する分だけ増えます。オブジェクト データは、最初にデュアル コミットによって2つのレプリケートされたコピーとして格納されることがあり、その場合は2倍の領域が使用されます。
[Nodes] > [Storage Node] > [Objects] Total Objects:このグリッド ノードで認識されているS3およびSwiftデータ オブジェクトの総数が1つ増えます。