アーカイブのデータ フロー

アーカイブ処理は、StorageGRID Webscaleシステムとクライアントの間の定義されたデータ フローで構成されます。システムは、属性を使用して、該当するストレージ メディアとの間で行われるオブジェクトのアーカイブを追跡します。

オブジェクト データのコピーをアーカイブするようにILMポリシーで規定されている場合は、LDRのコンポーネントであるILMエンジンがアーカイブ ノードに要求を送信し、アーカイブ ノードがオブジェクト データのコピーを対象のアーカイブ ストレージ システムに送信します。


説明が付随しているプロセスを示す図

  1. ILMエンジンからARCサービスに要求が送信され、アーカイブ メディアにコピーを格納するように指示されます。
  2. ARCサービスから、ADCサービスを照会することで最適なソースの場所が特定され、そのソースLDRサービスに要求が送信されます。
  3. ARCサービスにより、LDRサービスからオブジェクト データが読み出されます。
  4. ARCサービスから対象のアーカイブ メディアにオブジェクト データが送信されます。
  5. アーカイブ メディアからARCサービスに、オブジェクト データが格納されたことが通知されます。
  6. ARCサービスからILMエンジンに、オブジェクト データが格納されたことが通知されます。
  7. ILMエンジンからDDSサービスに、オブジェクトの場所を示すメタデータが送信されます。