削除のデータ フロー

削除処理は、StorageGRID Webscaleシステムとクライアントの間の定義されたデータ フローで構成されます。システムは、属性を使用して、システム内のあらゆる場所で行われるオブジェクトの削除を追跡します。

クライアントから削除がトリガーされると、オブジェクトのすべてのコピーがシステムから削除されます。


削除のデータ フロー

  1. クライアント アプリケーションからLDRサービスにDELETEコマンドが送信されます。
  2. LDRサービスからDDSサービスに削除要求が転送され、オブジェクト データのすべてのコピーを削除するようにILMエンジンに指示されます。
  3. オブジェクトがシステムから削除され、クライアントで認識されなくなります。