StorageGRID WebscaleのILMルールによるオブジェクトの管理

グリッド管理者がInformation Lifecycle Management(ILM)ルールを作成して、S3 REST APIクライアント アプリケーションからStorageGRID Webscaleシステムに取り込まれたオブジェクト データを管理します。これらのルールは、以降のオブジェクト データを格納する方法と場所を指定するために、ILMポリシーに追加されます。

ILMの設定により、オブジェクトの次の内容が決まります。

格納場所
StorageGRID Webscaleシステム内のオブジェクトのデータの場所
ストレージの種類
オブジェクト データの格納に使用されるストレージのタイプ(ディスクまたはアーカイブ メディア)
損失に対する保護
コピーの作成方法(レプリケーション、イレイジャー コーディング、またはその両方)
保持
オブジェクトのデータの管理方法、格納場所、損失からの保護方法の経過時間に基づく変更方法

ILMルールによって、オブジェクトをフィルタして選択できます。S3を使用して取り込まれたオブジェクトは、ILMルールによって次のメタデータに基づいてフィルタできます。