PUT Bucket last access time要求

PUT Bucket last access time要求を使用すると、最終アクセス時間の更新を個々のバケットで有効または無効にできます。最終アクセス時間の更新を無効にするとパフォーマンスが向上します。バージョン10.3.0以降で作成されたバケットに対しては、いずれもデフォルトで無効になります。

この処理を完了するには、バケットのs3:PutBucketLastAccessTime権限またはrootアカウントが必要です。

注:StorageGRID Webscaleバージョン10.3以降では、すべての新規バケットで最終アクセス時間の更新がデフォルトで無効になります。以前のバージョンのStorageGRID Webscaleで作成されたバケットにこの新たなデフォルトの動作を適用する場合は、対象となるバケットごとに最終アクセス時間の更新を無効にする必要があります。最終アクセス時間の更新を有効または無効にするには、PUT Bucket last access time要求、Tenant Manager[S3] > [Buckets] > [Change Last Access Setting]チェック ボックス、またはテナント管理APIを使用します。

バケットで最終アクセス時間の更新が無効になっている場合、バケットの処理の動作は次のようになります。

要求例

この例では、バケットの最終アクセス時間を有効にしています。

PUT /bucket?x-ntap-sg-lastaccesstime=enabled HTTP/1.1
Date: date
Authorization: authorization string
Host: host

この例では、バケットの最終アクセス時間を無効にしています。

PUT /bucket?x-ntap-sg-lastaccesstime=disabled HTTP/1.1
Date: date
Authorization: authorization string
Host: host