ポリシーの整合性制御設定

デフォルトでは、グループ ポリシーに対するすべての更新の整合性レベルは結果整合性です。グループ ポリシーが整合した状態になっても、ポリシー キャッシュのために、変更が有効になるまでさらに15分を要することがあります。デフォルトでは、バケット ポリシーに対するすべての更新の整合性レベルも結果整合性です。

バケット ポリシーの更新の整合性保証は必要に応じて変更できます。たとえば、セキュリティ上の理由から、できるだけ速やかにバケット ポリシーの変更を有効にしなければならない場合があります。

その場合は、PUT Bucket policy要求でConsistency-Controlヘッダーを設定するか、PUT Bucket consistency要求を使用します。この要求で整合性制御を変更する場合は、値「all」を使用して最高レベルのリードアフターライト整合性を保証する必要があります。それ以外の整合性制御値をPUT Bucket consistency要求のヘッダーで指定すると、要求は拒否されます。PUT Bucket policy要求でそれ以外の値を指定した場合は、値が無視されます。バケット ポリシーが整合した状態になっても、ポリシー キャッシュのために、変更が有効になるまでさらに8秒を要することがあります。
注:新しいバケット ポリシーを速やかに有効にするために整合性制御レベルを「all」に設定する場合は、処理が完了したあとに必ずバケットレベルの制御を元の値に戻してください。そうしないと、それ以降のすべてのバケット要求で「all」の設定が使用されます。