StorageGRID Webscaleプラットフォーム サービスのサポート

StorageGRID Webscaleプラットフォーム サービスでは、StorageGRID Webscaleのテナント アカウントでリモートS3バケット、Simple Notification Service(SNS)エンドポイント、Elasticsearchクラスタなどの外部サービスを利用して、グリッドが提供するサービスを拡張できます。

次の表に、使用可能なプラットフォーム サービスとその設定に使用するS3 APIを示します。

プラットフォーム サービス 目的 サービスの設定に使用するS3 API
CloudMirrorレプリケーション ソースのStorageGRID Webscaleバケットから、設定したリモートのS3バケットにオブジェクトをレプリケートします。 PUT Bucket replication
通知 ソースのStorageGRID Webscaleバケットでのイベントに関する通知を、設定したSimple Notification Service(SNS)エンドポイントに送信します。 PUT Bucket notification
検索統合 StorageGRID Webscaleバケットに格納されているオブジェクト メタデータを、設定したElasticsearchインデックスに送信します。 PUT Bucket metadata notification
注:これはStorageGRID WebscaleのカスタムS3 APIです。

前提条件として、グリッド管理者がテナント アカウントでプラットフォーム サービスの使用を有効にする必要があります。その後、テナント管理者が、テナント アカウントのリモート サービスを表すエンドポイントを作成する必要があります。この手順は、サービスを設定する前に済ませる必要があります。

プラットフォーム サービスの使用に関する推奨事項

プラットフォーム サービスを使用する前に、次の推奨事項を確認してください。