GET Bucket compliance要求

GET Bucket compliance要求では、作成した準拠バケットで現在有効な準拠設定を確認できます。

この処理を完了するには、s3:GetBucketCompliance権限またはrootアカウントが必要です。

注:準拠の設定方法と、準拠設定がILMルールとポリシーに与える影響の詳細については、StorageGRID Webscaleの管理に関する情報を参照してください。

要求例

次の要求例では、mybucketという名前のバケットの準拠設定を確認できます。

GET /mybucket/?x-ntap-sg-compliance HTTP/1.1
Date: date
Authorization: authorization string
Host: host

応答例

応答XMLには、<SGCompliance>によってバケットの有効な準拠設定がリストされます。次の応答例ではあるバケットの準拠設定が示されており、各オブジェクトはグリッドに取り込まれてから1年間(525,600分)保持されます。このバケットには現在リーガル ホールドはありません。各オブジェクトは1年後に自動的に削除されます。

HTTP/1.1 200 OK
Date: date
Connection: connection
Server: StorageGRID/11.1.0
x-amz-request-id: request ID
Content-Length: length
Content-Type: application/xml

<SGCompliance>
  <RetentionPeriodMinutes>525600</RetentionPeriodMinutes>
  <LegalHold>false</LegalHold>
  <AutoDelete>true</AutoDelete>
</SGCompliance>
名前 説明
RetentionPeriodMinutes このバケットに追加されたオブジェクトの保持期間(分)です。保持期間は、オブジェクトがグリッドに取り込まれたときからの期間です。
LegalHold
  • True:このバケットは、現在リーガル ホールドの対象です。このバケット内のオブジェクトは、保持期間が過ぎたあとでも、リーガル ホールドが解除されるまで削除できません。
  • False:このバケットは、現在リーガル ホールドの対象ではありません。このバケット内のオブジェクトは、保持期間が過ぎたら削除できます。
AutoDelete
  • True:このバケット内のオブジェクトは、バケットがリーガル ホールドの対象である場合を除き、保持期間が過ぎると自動的に削除されます。
  • False:このバケット内のオブジェクトは、保持期間が過ぎても自動的には削除されません。これらのオブジェクトを削除する場合は、手動で行う必要があります。

エラー応答

バケットが準拠バケットとして作成されていない場合は、応答のHTTPステータス コードは404 Not Found、S3エラー コードはXNoSuchBucketComplianceになります。