S3 REST APIのサポートに関する変更点

StorageGRID WebscaleシステムでのS3 REST APIのサポートに関する変更点に注意する必要があります。

リリース 説明
11.1 Cross-Origin Resource Sharing(CORS)、グリッド ノードへのS3クライアント接続でのHTTPの使用、バケットでの準拠設定がサポートされるようになりました。
11.0 バケットでのプラットフォーム サービス(CloudMirrorレプリケーション、通知、およびElasticsearch検索統合)の設定がサポートされるようになりました。また、バケットに対するオブジェクト タグ付け機能の場所の制約、および整合性制御設定「available」がサポートされるようになりました。
10.4 ILMのスキャン処理のバージョン管理に関する変更、[Endpoint Domain Names]ページの更新、ポリシーの条件と変数、ポリシーの例、およびPutOverwriteObject権限のサポートが追加されました。
10.3 バージョン管理のサポートが追加されました。
10.2 グループとバケットのアクセス ポリシー、およびマルチパート コピー(Upload Part - Copy)のサポートが追加されました。
10.1 マルチパート アップロード、仮想ホスト形式の要求、およびバージョン4の認証のサポートが追加されました。
10.0 StorageGRID WebscaleシステムでS3 REST APIのサポートが初めて導入されました。

現在サポートされているSimple Storage Service API Referenceのバージョンは2006-03-01です。