PUT Object - Copy

このセクションでは、StorageGRID WebscaleでのS3 PUT Object - Copy処理の詳細を説明します。

競合の解決

競合するクライアント要求(2つのクライアントが同じキーに書き込む場合など)は、「latest-wins」ベースで解決されます。「latest-wins」評価は、S3クライアントが処理を開始するタイミングではなく、StorageGRID Webscaleシステムが特定の要求を完了したタイミングで行われます。

ストレージ クラスのオプション

x-amz-storage-class要求ヘッダーがサポートされています。指定できる値は次のとおりです。

要求ヘッダー

次の要求ヘッダーがサポートされています。

次の要求ヘッダーはサポートされていません。指定した場合はXNotImplementedが返されます。

x-amz-copy-sourceヘッダーで指定されたソースのバケットおよびキーがデスティネーションのバケットおよびキーと異なる場合、ソースのオブジェクト データのコピーがデスティネーションに書き込まれます。ソースとデスティネーションが同じ場合は、x-amz-metadata-directiveヘッダーでREPLACEが指定されていれば、オブジェクトのメタデータが要求で指定されたメタデータの値に更新されます。
注:オブジェクトのserver-side-encryptionの値は更新できません。代わりに、コピーを作成し、x-amz-metadata-directive: REPLACEを使用してserver-side-encryptionの新しい値を設定してください。

バージョン管理

ソースのバケットでバージョン管理が有効になっている場合、x-amz-copy-sourceヘッダーを使用してオブジェクトの最新バージョンをコピーできます。オブジェクトの特定のバージョンをコピーするには、コピーするバージョンをversionIdサブリソースを使用して明示的に指定する必要があります。デスティネーションのバケットでバージョン管理が有効になっている場合は、生成されたバージョンがx-amz-version-id応答ヘッダーで返されます。ターゲットのバケットでバージョン管理が一時停止中の場合は、x-amz-version-idの値として「null」が返されます。