APIゲートウェイ ノードとストレージ ノードのIPアドレスの特定

クライアント アプリケーションは、ストレージ ノードまたはAPIゲートウェイ ノードのIPアドレスを使用してStorageGRID Webscaleに接続します。

タスク概要

クライアント アプリケーションは、StorageGRID Webscaleのストレージ ノードまたはAPIゲートウェイ ノードに直接接続し、オブジェクトを格納したり読み出したりします。APIゲートウェイ ノードでは、ストレージ ノード間での取り込みの負荷分散が可能です。

Grid Managerを使用して、特定のストレージ ノードまたはAPIゲートウェイ ノードのIPアドレスを検索できます。

手順

  1. サポートされているブラウザを使用してGrid Managerにログインします。
  2. [Nodes]を選択します。
  3. 接続するストレージ ノードまたはAPIゲートウェイ ノードを選択します。
  4. [Node Information]セクションで、ノードのIPアドレスを確認します。
  5. [Show more]をクリックし、IPv6アドレスおよびインターフェイスのマッピングを表示します。
    クライアント アプリケーションから、リスト内のいずれかのIPアドレスへの接続を確立できます。
    • eth0:グリッド ネットワーク
    • eth1: 管理ネットワーク(オプション)
    • eth2: クライアント ネットワーク(オプション)
    注:IPv6は、APIゲートウェイ ノード経由のクライアント アプリケーション接続でのみサポートされます。