監査ログで追跡されるSwift処理

ストレージに対する成功したDELETE、GET、HEAD、POST、PUTの各処理は、StorageGRID Webscaleの監査ログで追跡されます。障害はログに記録されず、情報(info)、認証(auth)、OPTIONS要求も記録されません。

次のSwift処理で追跡される情報の詳細については、『監査メッセージの概要』を参照してください。

アカウントの処理

  • GET(アカウント)
  • HEAD(アカウント)

コンテナの処理

  • DELETE(コンテナ)
  • GET(コンテナ)
  • HEAD(コンテナ)
  • POST(コンテナ)
  • PUT(コンテナ)

オブジェクトの処理

  • DELETE(オブジェクト)
  • GET(オブジェクト)
  • HEAD(オブジェクト)
  • PUT(オブジェクト)