HTTPSまたはHTTPどちらの接続を使用するかの判断

クライアント アプリケーションでは、ストレージ ノードまたはAPIゲートウェイ ノードに接続するときに、暗号化されたHTTPS接続か、それよりも安全性の劣るHTTP接続を使用できます。

デフォルトでは、ストレージ ノードおよびAPIゲートウェイ ノードとのすべての接続で、HTTPSが使用されます。必要に応じて、Grid Manager[HTTP]オプションを有効にして、クライアント アプリケーションでのHTTPの使用を許可することもできます。たとえば、非本番環境でストレージ ノードへの接続をテストする際に、クライアント アプリケーションでHTTPを使用できます。

注意:HTTPモードは、テスト環境やデバッグ環境で使用するためのものです。要求が暗号化されずに送信されるため、本番環境のグリッドでHTTPを有効にする場合は注意してください。

このオプションを有効にする方法については、StorageGRID Webscaleの管理に関する情報を参照してください。グリッドで[HTTP]オプションが有効になっている場合は、HTTP通信用に、HTTPS通信とは別のポートを使用する必要があります。