コンテナの処理

StorageGRID Webscaleでは、1つのSwiftアカウントにつき最大で1,000個のコンテナがサポートされます。コンテナに対して実行するSwift API処理を次に示します。

DELETE(コンテナ)

この処理は、StorageGRID WebscaleシステムのSwiftアカウントから空のコンテナを削除します。

次の要求パラメータが必要です。

次の要求ヘッダーが必要です。

実行が成功すると、「HTTP/1.1 204 No Content」の応答とともに次のヘッダーが返されます。

GET(コンテナ)

この処理は、コンテナに関連付けられているオブジェクト リストを、StorageGRID Webscaleシステム内のコンテナの統計情報およびメタデータとともに読み出します。

次の要求パラメータが必要です。
  • Account
  • Container

次の要求ヘッダーが必要です。

次のサポートされる要求クエリ パラメータはオプションです。

実行が成功すると、「HTTP/1.1 200 Success」または「HTTP/1.1 204 No Content」の応答とともに次のヘッダーが返されます。

Keystoneを有効にした設定でこの処理を設定すると、次のヘッダーが管理ユーザに返されます。

注:デフォルトではKeystoneは無効に設定されます。Keystoneを有効にする場合は、ネットアップの担当者にお問い合わせください。

HEAD(コンテナ)

この処理は、StorageGRID Webscaleシステムからコンテナの統計情報とメタデータを読み出します。

次の要求パラメータが必要です。

次の要求ヘッダーが必要です。

実行が成功すると、「HTTP/1.1 204 No Content」の応答とともに次のヘッダーが返されます。

Keystoneを有効にした設定でこの処理を設定すると、次のヘッダーが管理ユーザに返されます。

注:デフォルトではKeystoneは無効に設定されます。Keystoneを有効にする場合は、ネットアップの担当者にお問い合わせください。

POST(コンテナ)

この処理は、Keystoneが設定されたStorageGRID Webscaleシステムで、管理ユーザが既存のコンテナのACLメタデータの作成、変更、または削除を行います。

注:この処理は、Swift Keystoneアカウントでのみサポートされます。デフォルトではKeystoneは無効に設定されます。Keystoneを有効にする場合は、ネットアップの担当者にお問い合わせください。

Keystoneが無効になっている(デフォルト)場合は、この処理に対して「Not Implemented」のステータスが返されます。

次の要求パラメータが必要です。

次の要求ヘッダーが必要です。

次の要求ヘッダーはオプションです。

注:これ以外のメタデータ処理はサポートされず、実行しても無視されます。

実行が成功すると、「HTTP/1.1 204 No Content」の応答とともに次のヘッダーが返されます。

PUT(コンテナ)

この処理は、StorageGRID Webscaleシステムのアカウントにコンテナを作成します。

次の要求パラメータが必要です。

次の要求ヘッダーが必要です。

実行が成功すると、「HTTP/1.1 201 Created」または「HTTP/1.1 202 Accepted」の応答(このアカウントにコンテナがすでに存在する場合)とともに次のヘッダーが返されます。

コンテナ名はStorageGRID Webscaleネームスペース内で一意である必要があります。このコンテナが別のアカウントの下に存在する場合は、ヘッダー「HTTP/1.1 409 Conflict」が返されます。

次のヘッダーはオプションで、Keystoneを有効にした設定で管理ユーザに対してのみサポートされます。

注:これらのオプションのヘッダーは、Swift Keystoneアカウントでのみサポートされます。デフォルトではKeystoneは無効に設定されます。Keystoneを有効にする場合は、ネットアップの担当者にお問い合わせください。