StorageGRID WebscaleでのOpenStack Swift APIのサポート

StorageGRID Webscaleは、Representational State Transfer(REST)のWebサービスのセットとして実装されるOpenStack Swift APIをサポートします。OpenStack Swift向けに開発されたクライアント アプリケーションでは、Swift APIを使用してStorageGRID Webscaleシステムでのオブジェクトの格納および読み出しを行うことができます。APIを使用する前に、APIがStorageGRID Webscaleにどのように実装されたかを理解しておく必要があります。

StorageGRID Webscaleでは、次のバージョンがサポートされています。

項目 バージョン
Swiftの仕様 OpenStack Swift Object Storage API v1(2015年11月現在)
HTTP 1.1

HTTPの詳細については、HTTP/1.1(RFC 2616)を参照してください。