プラットフォーム サービスとは

StorageGRID Webscaleプラットフォーム サービスは、ハイブリッド クラウドの実装に役立ちます。

テナント アカウントにプラットフォーム サービスの使用が許可されている場合は、S3バケットに対して次のサービスを設定できます。

通常、プラットフォーム サービスのターゲットはStorageGRID Webscale環境の外部にあるため、プラットフォーム サービスを使用することで外部のストレージ リソース、通知サービス、検索または分析サービスの機能と柔軟性をデータに対して利用できます。

1つのS3バケットに対して複数のプラットフォーム サービスを組み合わせて設定できます。たとえばStorageGRID Webscale S3バケットに対してCloudMirrorサービスと通知の両方を設定して、特定のオブジェクトをAWS Simple Storage Serviceにミラーリングし、同時に各オブジェクトに関する通知を他社製の監視アプリケーションに送信してAWSの費用を追跡できます。

注意:プラットフォーム サービスの使用は、StorageGRID Webscale管理者がGrid Managerまたはグリッド管理APIを使用してテナント アカウントごとに有効にする必要があります。StorageGRID Webscale 11.0より前のバージョンで作成されたテナント アカウントでは、プラットフォーム サービスがデフォルトで無効になっています。詳細については、グリッド管理者にお問い合わせください。

プラットフォーム サービスの設定方法

プラットフォーム サービスは、Tenant Managerまたはテナント管理APIを使用して、設定した外部エンドポイントと通信します。各エンドポイントは外部のデスティネーション(StorageGRID Webscale S3バケット、Amazon Web Servicesバケット、Simple Notification Serviceトピック、ローカルまたはAWSでホストされるElasticsearchクラスタなど)です。

エンドポイントを作成したら、バケットにXML設定を追加してプラットフォーム サービスを有効にすることができます。XML設定は、バケットが処理を実行するオブジェクト、実行する処理、およびサービスに使用するエンドポイントを特定します。

設定するプラットフォーム サービスごとにXML設定を追加する必要があります。次に例を示します。
  1. キーが/imagesで始まるすべてのオブジェクトをAWS S3バケットにレプリケートする場合は、ソース バケットにレプリケーション設定を追加する必要があります。
  2. これらのオブジェクトがバケットに格納されたときに通知も送信するには、通知設定を追加します。
  3. 最後に、これらのオブジェクトのメタデータのインデックスを作成する場合は、検索統合を実装するためのメタデータ通知設定を追加する必要があります。

設定XMLの形式は、StorageGRID Webscaleプラットフォーム サービスの実装に使用するS3 REST APIに従います。

プラットフォーム サービス S3 REST API
CloudMirrorレプリケーション
  • GET Bucket replication
  • PUT Bucket replication
通知
  • GET Bucket notification
  • PUT Bucket notification
検索統合
  • GET Bucket metadata notification configuration
  • PUT Bucket metadata notification configuration

これらはStorageGRID Webscale独自の処理です。

StorageGRID WebscaleでのこれらのAPIの実装方法の詳細については、S3クライアント アプリケーションを実装する手順を参照してください。