準拠ワークフロー

次のワークフロー図は、S3準拠バケットを作成、管理する手順の概要を示しています。バケット内のオブジェクトを規制要件を満たす方法で確実に保護するために準拠バケットを作成する場合は、グリッド管理者と密接に連携する必要があります。

準拠バケットの作成を開始する前に、グリッド管理者がStorageGRID Webscaleシステム全体に対してグローバル準拠設定を有効にする必要があります。また、グリッド管理者は、準拠バケット内のオブジェクト データの保護に使用される情報ライフサイクル管理(ILM)ルールを管理することも必要です。詳細については、StorageGRID Webscaleの管理手順で、S3バケットとオブジェクトの管理に関する情報を参照してください。

グローバル準拠設定を有効にすると、Tenant Managerテナント管理API、またはS3 REST APIを使用して準拠バケットを作成できるようになります。


テナント管理者用の準拠ワークフローを示す図