準拠バケットとオブジェクトに関する考慮事項

StorageGRID Webscaleが準拠バケットに適用する制限事項と、準拠がオブジェクトのライフサイクルに及ぼす影響について、十分に理解してください。

準拠バケットを使用する場合の制限事項

準拠バケット内のオブジェクトの制限事項

準拠バケットに保存された各オブジェクトは、以下の3つの段階を経て処理されます。

  1. オブジェクトの取り込み
    • オブジェクトが取り込まれると、システムによって、一意のオブジェクトID(UUID)や取り込み日時など、オブジェクトのメタデータが生成されます。オブジェクトはバケットの準拠設定を継承します。
    • オブジェクトが準拠バケットに取り込まれたあと、そのデータ、S3ユーザ定義メタデータ、またはS3オブジェクト タグは、保持期間が過ぎても変更できません。
    • StorageGRID Webscaleは、冗長性を確保し、オブジェクト メタデータを損失から保護するために、各サイトですべてのオブジェクト メタデータのコピーを3つ保持します。メタデータは、オブジェクト データとは別に格納されます。
  2. 保持期間
    • オブジェクトの保持期間は、オブジェクトがグリッドに取り込まれたときからの期間です。
    • オブジェクトがアクセスされたり検索されたりするたびに、バケットの準拠設定も検索されます。システムは、オブジェクトの取り込み日時とバケットの保持期間設定を基に、オブジェクトの保持期限を計算します。
    • オブジェクトの保持期間中は、StorageGRID Webscaleによってオブジェクトの複数のコピーが格納されます。コピーの正確な数、タイプ、格納場所は、アクティブなILMポリシーのルールによって決まります。
      注:オブジェクトがどのように管理されるかを理解したり、特定のバケット内のオブジェクトを管理するための新しいILMルールの追加を要求したりするには、StorageGRID Webscale管理者にお問い合わせください。
    • オブジェクトの保持期間中、またはバケットのリーガル ホールドが有効になっている間は、オブジェクトを削除できません。

  3. オブジェクトの削除
    • オブジェクトの保持期間が終了すると、バケットのリーガル ホールドが有効になっている場合を除き、オブジェクトのすべてのコピーを削除できます。
    • オブジェクトの保持期間が終了すると、バケットレベルの準拠設定で、オブジェクトの削除方法(ユーザが必要に応じて手動で削除するか、システムによって自動的に削除する)を指定できます。
    • バケットの設定でオブジェクトを自動的に削除するよう指定した場合は、StorageGRID WebscaleでのILMのスキャン処理によって、オブジェクトのすべてのコピーが削除されます。保持期間が終了すると、オブジェクトが削除されるようスケジュールが設定されます。すべてのオブジェクト コピーの削除に要する時間は、グリッド内のオブジェクト数や、グリッド処理のビジー状態によって異なります。