StorageGRID Webscaleソフトウェアのログ

StorageGRID Webscaleのログを問題のトラブルシューティングに使用できます。

これらのログにアクセスするには、Passwords.txtファイルに記載されたパスワードを使用して、adminとしてログインしてからsuを実行してrootに切り替えます。
カテゴリ ファイル名 メモ 場所
全般 /var/local/log/bycast.log

bycast.logファイルは、StorageGRID Webscaleのトラブルシューティングに使用するメインのファイルです。

bycast-err.logファイルには、bycast.logのサブセット(ERRORとCRITICALの重大度のメッセージ)が含まれています。CRITICALのメッセージは、システムにも表示されます。[Support] > [Grid Topology]を選択します。次に、[Site] > [Node] > [SSM] > [Events]を選択します。

すべてのグリッド ノード
/var/local/log/bycast-err.log
/var/local/core/ プログラムが異常終了した場合に作成されるコア ダンプ ファイルが格納されます。原因としては、アサーション エラー、違反、スレッドのタイムアウトなどが考えられます。
注:/var/local/core/kexec_cmdファイルは通常アプライアンス ストレージ ノードに存在しますが、エラーを示しているわけではありません。
サーバ マネージャ /var/local/log/servermanager.log サーバで実行されているサーバ マネージャ アプリケーションのログ ファイルです。 すべてのグリッド ノード
/var/local/log/GridstatBackend.errlog サーバ マネージャGUIバックエンド アプリケーションのログ ファイルです。
/var/local/log/gridstat.errlog サーバ マネージャGUIのログ ファイルです。
サービス /var/local/log/acct.errlog   ADCサービスを実行しているストレージ ノード
/var/local/log/adc.errlog 対応するサービスの標準エラー(stderr)ストリームが格納されます。サービスごとに1つのログ ファイルがあります。これらのファイルは、サービスに問題がなければ通常は空になります。 ストレージ ノード
/var/local/log/ams.errlog   管理ノード
/var/local/log/arc.errlog   アーカイブ ノード
/var/local/log/clb.errlog   APIゲートウェイ ノード
/var/local/log/cmn.errlog   管理ノード
/var/local/log/cms.errlog   ストレージ ノード
/var/local/log/cts.errlog このログ ファイルは、ターゲット タイプが「Cloud Tiering - Simple Storage Service (S3)」の場合にのみ作成されます。 アーカイブ ノード
/var/local/log/dds.errlog   ストレージ ノード
/var/local/log/idnt.errlog   ADCサービスを実行しているストレージ ノード
/var/local/log/ldr.errlog   ストレージ ノード
/var/local/log/nms.errlog   管理ノード
/var/local/log/ssm.errlog   すべてのグリッド ノード
NMS /var/local/log/nms.log

Grid ManagerTenant Managerからの通知が記録されます。

アラーム処理、Eメール通知、設定の変更など、NMSサービスの処理に関連するイベントが記録されます。

システムで行われた設定の変更に伴うXMLバンドルの更新が格納されます。

1日に1回実行される属性のダウンサンプリングに関連するエラー メッセージが格納されます。

ページ生成エラーやHTTPステータス500エラーなど、Java Webサーバのエラー メッセージが格納されます。

管理ノード
  /var/local/log/nms.errlog

MySQLデータベースのアップグレードに関連するエラー メッセージが格納されます。

対応するサービスの標準エラー(stderr)ストリームが格納されます。サービスごとに1つのログ ファイルがあります。これらのファイルは、サービスに問題がなければ通常は空になります。