システムに対するリスクと影響の評価

問題を定義したら、StorageGRID Webscaleシステムに対するリスクと影響を評価します。たとえば、クリティカルのアラームがあるからといって、システムによるコア サービスの提供が停止しているとは限りません。

次の表は、前述の問題の例について、システムの運用に対する影響をまとめたものです。

確認事項 回答例
StorageGRID Webscaleシステムでコンテンツを取り込めるかどうか いいえ。
クライアント アプリケーションでコンテンツを読み出せるかどうか オブジェクトによって読み出せるものと読み出せないものがある。
データがリスクにさらされているかどうか いいえ。
業務を遂行するうえで重大な影響があるかどうか はい、クライアント アプリケーションからStorageGRID Webscaleシステムにオブジェクトを格納できず、データを読み出す際の整合性が確保されない。