ベースラインの設定

ベースライン情報とはシステムの通常運用時の運用データで、問題解決の手がかりとして使用することができます。

StorageGRID Webscaleシステムを使用して有用なベースライン情報を収集できます。

プロパティ 取得方法
平均ストレージ消費量

_____________ GB/日

_____________ %/日

Grid Managerのダッシュボードに移動し、いずれかの[Available Storage]グラフのグラフ アイコンをクリックします。

ほぼ安定して稼働している期間を見つけ、1日に消費されるストレージのバイト数と割合を計算します。

この情報は、システム全体または特定のデータセンターについて収集できます。

S3 / Swift処理のレート

_____________ 処理数/秒

[Support] > [Grid Topology]を選択します。次に、[Overview] > [Main]を選択します。

[API Operations]で、[S3 Operations - Rate]または[Swift Operations - Rate]の値を確認します。

失敗したS3 / Swift処理

_____________

[Support] > [Grid Topology]を選択します。次に、[Overview]タブ > [Main]を選択します。

[API Operations]で、[S3 Operations - Failed]または[Swift Operations - Failed]の値を確認します。

ILMルールによる評価の速度

_____________ オブジェクト数/秒

[Nodes] > [deployment] > [ILM]を選択します。期間を選択します(1時間、1日、1週間、1カ月、1年、カスタム)。[ILM Queue]グラフにカーソルを合わせて、評価速度を表示します。

平均クエリ レイテンシ

_____________ ミリ秒

[Nodes] > [Storage Node] > [Objects]を選択します。[Queries]テーブルで、[Average Latency]の値を確認します。

失敗したクエリ

_____________

[Nodes] > [Storage Node] > [Objects]を選択します。[Queries]テーブルで、[Queries - Failed (timed-out)]の値を確認します。

整合性レベルを満たさないために失敗したクエリ

_____________

[Nodes] > [Storage Node] > [Objects]を選択します。[Queries]テーブルで、[Queries - Failed (consistency level unmet)]の値を確認します。
ダッシュボードのスクリーンショットの例を次に示します。


グリッド管理インターフェイスのダッシュボードのスクリーンショット

[Overview]タブのスクリーンショットの例を次に示します。各サービスで属性を選択して、その属性のベースライン値を確認できます。


[LDR] > [Data Store]を選択した状態のスクリーンショット