Linux:カーネルでのIPv6サポートの有効化

LinuxホストにStorageGRID Webscaleノードをインストールしている環境で、IPv6アドレスが想定どおりにノード コンテナに割り当てられていない場合は、カーネルでのIPv6サポートの有効化が必要となることがあります。

タスク概要

Grid Managerの以下の場所で、グリッド ノードに割り当てられているIPv6アドレスを確認できます。
  • [Nodes]を選択し、ノードを選択します。次に、[Overview]タブで[IP Addresses]の横にある[Show more]をクリックします。


    [Nodes] > [Overview] > [IP Addresses]のスクリーン ショット

  • [Support] > [Grid Topology]を選択します。次に、[node] > [SSM] > [Resources]を選択します。IPv6アドレスが割り当てられている場合は、[Network Addresses]セクションのIPv4アドレスの下に表示されます。

IPv6アドレスが表示されておらず、ノードがLinuxホストにインストールされている場合は、次の手順に従ってカーネルでIPv6サポートを有効にします。

注:これらの手順は、Linuxホストにノードを導入した場合にのみ該当します。VMware仮想ノードやStorageGRID Webscaleアプライアンスでは、デフォルトでカーネルのIPv6サポートが有効になっているので、該当しません。

手順

  1. ホストにrootとしてログインするか、sudo権限を持つアカウントを使ってログインします。
  2. 次のコマンドを実行します。sysctl net.ipv6.conf.all.disable_ipv6
    root@SG:~ # sysctl net.ipv6.conf.all.disable_ipv6
    結果は0になるはずです。
    net.ipv6.conf.all.disable_ipv6 = 0
    注:結果が0でない場合は、オペレーティング システムのドキュメントで、sysctl設定の変更について確認してください。値を0に変更してから、次に進んでください。
  3. StorageGRID Webscaleノード コンテナを入力します。storagegrid node enter node-name
  4. 次のコマンドを実行します。sysctl net.ipv6.conf.all.disable_ipv6
    root@DC1-S1:~ # sysctl net.ipv6.conf.all.disable_ipv6
    結果は1になるはずです。
    net.ipv6.conf.all.disable_ipv6 = 1
    注:結果が1でない場合、この手順は当てはまりません。テクニカル サポートに連絡してください。
  5. コンテナを終了します。exit
    root@DC1-S1:~ # exit
  6. rootとして次のファイルを編集します。/var/lib/storagegrid/settings/sysctl.d/net.conf
    sudo vi /var/lib/storagegrid/settings/sysctl.d/net.conf
  7. 次の2行を特定し、コメント タグを削除します。ファイルを保存して、閉じます。
    net.ipv6.conf.all.disable_ipv6 = 0
    net.ipv6.conf.default.disable_ipv6 = 0
  8. 次のコマンドを実行して、StorageGRID Webscaleコンテナを再起動します。
    storagegrid node stop node-name
    storagegrid node start node-name