Linux:ノードのステータスが「orphaned」(孤立)

Linuxノードの状態が「orphaned」(孤立)になっていると、storagegrid nodeコマンドでそのノードを停止または開始することができません。orphaned状態は、通常、storagegridサービス、または対象ノードのコンテナを制御するstoragegridノード デーモンが予期せず停止したことを示します。

タスク概要

Linuxノードがorphaned状態であることを報告した場合は、次のように対応してください。
  • サービス デーモンとorphaned状態のノードの両方のログを調査し、明らかなエラーや予期しない終了に関するメッセージがないか確認します。
  • storagegrid node start node-nameを使用して、ノードを再起動します。

手順

  1. ホストにrootとしてログインするか、sudo権限を持つアカウントを使ってログインします。
  2. 次のコマンドを実行します。$ sudo storagegrid node start node-name
    $ sudo storagegrid node start DC1-S1-172-16-1-172
    ノードが孤立している場合は、次の応答が返されます。
    Not starting ORPHANED node DC1-S1-172-16-1-172
  3. Linuxから、Dockerコンテナとstoragegridノード制御プロセスを停止します。sudo docker stop --time seconds container-name
    secondsには、コンテナを停止するために待機する秒数を入力します(通常は15秒以下)。
    sudo docker stop --time 900 storagegrid-DC1-S1-172-16-1-172
  4. ノードを再起動します。storagegrid node start node-name
    storagegrid node start DC1-S1-172-16-1-172