アップグレード時にシステムが受ける影響

アップグレード中にStorageGRID Webscaleシステムがどのような影響を受けるかを理解しておく必要があります。

クライアント アプリケーションが短時間中断される場合がある

StorageGRID Webscaleシステムのアップグレード プロセス中もクライアント アプリケーションからデータを取り込み、読み出すことができますが、サービスの再起動時に短時間だけ個々のAPIゲートウェイ ノードまたはストレージ ノードへのクライアント接続が中断されます。接続はアップグレードの終了後に再開され、個々のノードのサービスも再開されます。

アップグレード中、StorageGRID Webscaleシステムの各ノードが一度に1つずつ数分間停止されます。接続の中断が短時間でも許容できない場合は、アップグレード時のダウンタイムをスケジュールする必要があります。

アラームがトリガーされる場合がある

StorageGRID Webscaleシステムを複数バージョンが混在した環境で使用している場合(一部のグリッド ノードで以前のバージョンを実行し、その他のノードはより新しいバージョンにアップグレードしている場合)に、サービスの開始と停止でアラームがトリガーされることがあります。通常、これらのアラームはアップグレードが完了するとクリアされます。

また、StorageGRID Webscale 11.1にアップグレードするときに、Metadata Used Space(Percent)(CDLP)アラームがトリガーされることがあります。CDLPアラームは新しい属性(Metadata Allowed Space(CEMS))を使用するので、オブジェクト メタデータ用の空きスペースが埋まりつつある場合は、早めにアラートが表示されます。
注意:アップグレード後にCDLPアラームが表示される場合は、できるだけ早急に新しいストレージ ノードを追加する必要があります。StorageGRID Webscaleの拡張手順を参照してください。

多数のEメールが生成される

グリッド ノードをアップグレードすると、ノードが停止および再起動されるたびにEメール通知が生成されます。過剰なEメールの生成を回避するには、最初のノードをアップグレードする前にEメール通知を無効にし、アップグレードの完了後に再度通知を有効にします。

設定の変更の制限

StorageGRID Webscale 11.1へのアップグレードでは、次の制限があります。
  • アップグレードが完了するまで、グリッドの設定を変更しないでください。
  • アップグレードが完了するまで、新しい機能を有効または無効にしないでください。
  • アップグレードが完了するまで、ILMの設定を更新しないでください。ILMの動作が不安定になり、正常に動作しない場合があります。
  • テナント ユーザは、既存のS3バケットの整合性レベルを[Default]に変更しないでください。StorageGRID Webscale 11.0.xからのアップグレード中にこの要求を実行すると、次のエラーが発生します。400 Bad Request