StorageGRID Webscale 11.0からのアップグレードの開始

StorageGRID Webscale 11.0.xから11.1.xへのアップグレードは、以下の手順で行います。

開始する前に

現在のソフトウェア バージョンを確認し、StorageGRID Webscale 11.0.xが実行されていることを確かめます。
注:これよりも古いバージョンのStorageGRID Webscaleを実行している場合は、ここで中止してください。そのバージョン用のアップグレード手順を適用する必要があります。すでにバージョン11.1.xにアップグレード済みの場合は、StorageGRID Webscale 11.1からのアップグレードの開始を参照してください。

手順

  1. [Maintenance] > [Software Upgrade]を選択します。

    [Software Upgrade]ページが表示されます。StorageGRID Webscale 11.0.xが、最新のバージョンとして表示されます。


    StorageGRID Webscaleバージョン11.0からのアップグレードのスクリーンショット

  2. プロビジョニング パスフレーズをテキスト ボックスに入力し、[Verify]をクリックします。

    プロビジョニング パスフレーズが有効であれば、緑のチェックマークが表示されます。


    StorageGRID Webscaleバージョン11.0からのアップグレードのスクリーンショット

  3. ダウンロードした.upgradeファイルを選択します。
    1. [Browse]をクリックします。
    2. 次のファイルを選択します。NetApp_StorageGRID_version_Software_uniqueID.upgrade
    3. [Open]をクリックします。

      ファイルがアップロードされて検証されます。検証プロセスが完了したら、[Start Upgrade]ボタンが有効になります。


      アップグレード ファイルのアップロードが表示されたスクリーンショット

  4. [Start Upgrade]をクリックします。
    アップグレードを開始すると、次の処理が行われます。
    1. アップグレード前の検証が実行されます。完了までにしばらく時間がかかることがあります。
      注:アップグレード前の検証でエラーが報告された場合は、それらのエラーを解決し、再度[Start Upgrade]をクリックします。
    2. プライマリ管理ノードがアップグレードされます。このプロセスでは、サービスの停止、ソフトウェアのアップグレード、サービスの再開が行われます。このアップグレードには30分程度かかる場合があります。
      注:プライマリ管理ノードのアップグレード中、ユーザはGrid Managerにアクセスできません。監査ログも利用できません。
  5. Grid Managerが再びアクセスできるようになるまで待機している間に、グリッド ノードのアップグレードとすべてのアップグレードの完了に進みます。