アップグレードの開始

アップグレードの手順は、StorageGRID Webscale 11.0.xから11.1にアップグレードする場合と、StorageGRID Webscale 11.1.xから11.1.yにアップグレードする場合とで、わずかに異なります。

開始する前に

「アップグレードの計画と準備」に記載されているすべての考慮事項を確認し、すべての手順を完了している必要があります。

手順

  1. サポートされているブラウザを使用してGrid Managerにログインします。
  2. 必要に応じて、Eメール通知を無効にします。
    ノードの停止やアップグレード プロセスに関する余分なEメール通知を受け取りたくない場合は、アップグレード中のEメール通知を無効にすることができます。
    1. [Configuration] > [Display Options]を選択します。
    2. [Notification Suppress All]チェック ボックスを選択します。

      このチェック ボックスを選択すると、イベントトリガー型AutoSupport Eメール通知などのアップグレードに関係のないものも含め、すべてのEメール通知が停止されます。


      [Configuration] > [Display Options]ページのスクリーンショット
    3. [Apply Changes]をクリックします。
  3. 現在実行中のStorageGRID Webscaleのバージョンをまだ把握していない場合は、「インストールされているStorageGRID Webscaleバージョンの確認」の手順に従って、バージョンを特定します。
  4. 使用しているバージョンに適した手順を選択します。
    対象 手順
    StorageGRID Webscale 11.0.x StorageGRID Webscale 11.0からのアップグレードの開始
    StorageGRID Webscale 11.1.x StorageGRID Webscale 11.1からのアップグレードの開始
    その他のStorageGRID Webscaleのバージョン ここで中止します。使用しているソフトウェアは、これらの手順でアップグレードできません。