ソフトウェア アップグレードの前提要件の準備

ソフトウェアのアップグレードを開始する前に、アップグレードを正常に完了できるよう、必要なファイル、機器、情報をすべて揃えておく必要があります。

項目 メモ
StorageGRID Webscaleのアップグレード ファイル

StorageGRID Webscaleのアップグレード ファイルをサービス ラップトップにダウンロードする必要があります。

手順については、StorageGRID Webscaleアップグレード ファイルのダウンロード」を参照してください。

Linux用のStorageGRID Webscaleインストール パッケージ

StorageGRID Webscale環境をLinuxホストで稼働させている場合は、必ずLinuxプラットフォーム用のStorageGRID Webscaleインストール アーカイブをダウンロードします。

その後、アップグレードを開始する前に、すべてのLinuxホストにRPMパッケージまたはDEBパッケージをインストールする必要があります。

手順については、StorageGRID Webscaleアップグレード ファイルのダウンロード」を参照してください。

サービス ラップトップ サービス ラップトップには、以下のものが必要です。
  • ネットワーク ポート
  • SSHクライアント(PuTTYなど)
  • サポートされているWebブラウザ
リカバリ パッケージ(.zip)ファイル

StorageGRID Webscaleシステムから、最新のリカバリ パッケージ ファイルをダウンロードする必要があります。

手順については、「リカバリ パッケージのダウンロード」を参照してください。

Passwords.txt ファイル このファイルは、リカバリ パッケージ.zipファイルの一部であるSAIDパッケージに含まれています。最新バージョンのリカバリ パッケージを入手する必要があります。
プロビジョニング パスフレーズ このパスフレーズは、StorageGRID Webscaleシステムが最初にインストールされるときに作成されて文書化されます。プロビジョニング パスフレーズは、Passwords.txtファイルに含まれていません。
関連ドキュメント
  • Release Notes』。アップグレードを開始する前に、このドキュメントに記載されている情報をよくお読みください。
  • StorageGRID Webscaleの管理手順
  • Linux環境をアップグレードする場合は、Linuxプラットフォーム用のStorageGRID Webscaleインストール手順
  • StorageGRID Webscaleのその他のドキュメント(必要な場合)