アップグレードによるテナント アカウントへの影響

StorageGRID Webscaleの新しいバージョンにアップグレードする前に、テナント アカウントへの影響を理解しておく必要があります。

Tenant Managerおよびテナント管理APIの権限への変更点

StorageGRID Webscale 11.1では、テナント ユーザの次の管理権限が変更されています。

権限 説明
Manage all containers

S3テナント:[S3] > [Buckets]メニューへのアクセスを許可します。StorageGRID Webscale 11.1以降、この権限を持つユーザは新しいS3バケットを作成でき、Tenant Managerまたはテナント管理APIを使用して、テナント アカウントに含まれるすべてのバケットのバケット設定を管理できます。

S3バケット設定には、準拠、整合性レベル、CORS、最終アクセス日時が含まれ、各プラットフォーム サービスを有効にするために必要な設定も含まれます。